プリングルズができるまで

スナック菓子のプリングルズができるまでのご紹介です!

ずっと”プリングルス”だと思っていたのですが、正式商品名は”プリングルズ”なんですね!

464_1

なにやら巨大なロールが出てきました。こちらは何かというと・・・

464_2

ロールはプリングルズの容器でした!

464_4

中身が入る前に上蓋は閉めてしまうんですね。

464_5

こちらがポテトチップスの原料です。ポテトフレークとコーンスターチとのことです。

464_6

混ぜて伸ばしたものを、型抜きしていきます。

464_7

型抜きされたものを揚げる前ですが、一枚一枚乗せているんですね。

網カゴのようなものに入れて大量に挙げているのだと思っていました!

464_8

プリングルズを容器に入れ、スチールの裏蓋をして完成です!

余談ですが、プリングルズはイギリスではポテトチップスではなくて、ビスケットとして販売されているようです。

2008年の記事ですが、

イギリスでは、じゃがいもを原料として作られたポテトチップスは軽減対象外だが、ケーキやビスケットは軽減税率の対象となる。このプリングルズの製造元であるプロクター・アンド・ギャンブル社は「プリングルズはポテトチップスではなくビスケット」と主張。2008年にロンドンの英国高等裁判所が下したのは、「プリングルズはポテトチップスではない」との判決。含まれているじゃがいも原料が42%しかないことなどが理由だった。

Exicite News

とのことです。色々と大変ですね!!

ちなみに現在のプリングルズの商標権はP&G(プロクター・アンド・ギャンブル社)ではなく、2012年以降からケロッグ社が所有しています。