テフロン加工のフライパンができるまで

普段の生活で使用している物が、どうやって作られているのかなとたまに考えることはないでしょうか。

今回紹介するのは、焦げがつきにくいことが売りのテフロン加工のフライパンができるまでです。

ちなみに、「テフロン」というのはデュポン社の商標で、「フッ素樹脂加工」と同じ意味だそうです。

フライパンの形作り

フライパンのひな形を元にして形を作ります。何か羽のようなものをがついていますが装置に必要な部分なのでしょうか。

形作ったフライパンを削っていきます’

形作られたフライパンにヤスリをかけていくようですが、いつの間にか羽がなくなっていますね。

霧状で塗料を塗っていきます

表面の汚れを取り除いた後、霧状の塗料を吹きかけ無機質な色を変えていきます。

テフロン加工のフライパンの完成

最後に取っ手をつけてフライパンの完成です。

当たり前のように使っているフライパンの一つでも、多くの人や機械から作られているのが伝わる動画です。

身の回りの物を「使う」だけの視点ではなく、別の視点から見てみると意外なことがみつかるかもしれませんね。