ゼルダの伝説 鬼神リンクが扱う剣ができるまで

本日、ご紹介するのはゼルダの伝説シリーズの「ムジュラの仮面」ででてきた鬼神リンクが扱うあの剣ができるまでのご紹介です。

この剣って名前あるのでしょうか。

今回の剣は今までの剣と違い形が特徴的です。一体どのように作っていくのでしょうか。

736_1

まずは、鉄の熱して打っていきます。当然ながら最初は今までの剣の作り方と同じですね。

736_2

2つの鉄を熱してくっつけていきます。

736_3

グーッと押し曲げていき重なった部分を熱して打ち付けていきます。

これで、最大の特徴である剣のカーブができました。

736_4

剣の形ができたら削っていき、切れるようにしていきます。

736_5

光沢も付けたら色をもつけていくようです。

形もそうですが、色までも再現するとは手が込んでいます。

736_6

形が特徴できなので、実施に切れるのか気になっていましたが大丈夫そうですね。

むしろ、軽そうで切れ味もいいので見てて気持ちのいいくらいでした。