大砲ができるまで

本日、ご紹介するのは大砲ができるまでです。

今までも、これからも関わることはないであろう大砲ですが、それでも作られているのかは気になります。

一体、どうやって作られているのか見てみましょう。

746_1

まずは、大砲を半分に切った形の枠に砂を詰め込み固めます。

746_2

そうすることで、このような形に仕上がります。

746_3

もう片方も作り重ねたら中に、溶けた鉄を流し込みます。

746_4

鉄を6時間ほど冷やすと大砲の形で固まりました。一気に完成が近づきましたね。

746_5

あとは、余分な部分を取り除き穴を開けていきます。

746_6

最後にヤスリで削っていき光沢をつけて色をつければ大砲の完成です。