雨傘ができるまで

梅雨が明けたとはいえ、この季節は突発的な雨に見舞われることがたまにありますよね。

そんな時は、ビニールの傘ではなくて一本だけでもしっかりとした雨傘を持っておきたいものです。

今回は、雨傘ができるまでのご紹介です。

595_1

まずは、傘の本体となる棒に色付けをしていきます。

595_2

続いて棒に取手をつけます。

595_3

次に、小さな針金が用意して何やら折り曲げていますが、何に使うのでしょうか。

595_4

小さなは針金は傘を開いた時のストッパーに使用するのですね。驚いたのがこの作業自体が手作業で行っているところです。

595_5

傘の骨組み自体は完成するとこんなかんじです。

595_6

傘部分のビニールも手作業でつけていき完成となります。

この一連の流れで機械を使用したのが、最初の取手をつけるときにヤスリを使ったところだけというのが驚きでした。