コンドームができるまで

今回は、コンドームができるまでをご紹介いたします。

大切なものなのでただ使うだけでなく、どのように作られているのか知っておきたいものです。

ちゃんと、信頼できるようになっているのかを少し見てみましょう。

851_1

大きなトラックから何やら液体をボトルに入れています。

これが、コンドームの原料なのでしょうか。

851_2

先ほどの液体を例の形のしたガラスに塗っていきます。これ、グラスの中に入れてるわけじゃないんです!

851_3

先ほどのグラスに塗ると最初の液体が固まるので、それを外して乾かします。

けっこう、大胆に乾かしていますが大丈夫なのでしょうか。

851_4

乾かしたものをグラスにはめて、ブラッシングして完成となります。

コンドーム自体は完成ですが、ここからはテストが必要です。

851_5

こちらは、空気を入れるテストのようです。こんなに膨らむんですね!

851_6

こちらは、思いっきり伸ばして耐久力を確認するテストですね。

851_7

こちらは、中に液体を入れてもれないか確認しているのでしょうか。

さすがに、ここまで入ることはないでしょうがテストにやり過ぎはありません。

いかがだったでしょうか。多くのテストをクリアしているからこそ私達も安心して使用できますね。